• T.P.S club

  • T.P.S club

  • T.P.S club

  • T.P.S club は2013/2014シーズンで発足30周年です。

3級合格 秋池周大郎

神奈川県在住の秋池と申します。 このたび、TPSクラブの合宿に参加させていただき、バッジテスト3級に合格することができました。

私は現在42歳なのですが、実は最近までスキーの経験はまったくありませんでした。 子どもの頃は、親にねだってもスキー場へは連れて行ってもらえず、また学生~社会人となって何かと忙しく、スキーを始める機会を逃していました。 それでも、テレビで放送される色々なスキー競技を見る事が好きで、40歳を期に絶対に自分でも滑りたいと考えておりました。

そんな中、転機が訪れたのは現在のオフィスに勤めはじめたときでした。 同じグループの同僚2名が、それぞれスキーとスノーボードの上級者だったのです。彼らと「実はスキーをゼロから始めたいんですよね~」というような雑談から、あれよあれよという間に話は進みました。 まずは形から、ということで用具を安売りしている夏の間に、ネット通販で板とストックを購入。品定めはその同僚がやってくれました。またウェアも彼からお古を譲ってもらうことができました。

迎えた最初のシーズン、神保町で同僚と一緒に、ブーツなどの残りの備品を購入し、いきなりの自前フル装備でガーラ湯沢へ。 そんな初のゲレンデでは彼らにレクチャーしてもらい、周りの他のスキーヤーに迷惑をかけ、斜面を何度も転げ落ちながらなも、なんとか初級クラスのゲレンデなら降りてこられるようになりました。 初シーズンはその後何度か、彼らと一緒にゲレンデへ行きました。 何度も騙されて中級~上級コースに誘い込まれ、転倒と絶叫を繰り返しながらも、なんとか恐怖心への耐性と初歩的な技術を身につけることが出来たと思います。

そして2シーズン目、私のもうひとつの趣味であるトランペット演奏で、同じ先生に習っている林さんに誘われ、このTPSクラブの合宿へ参加する機会を得ました。

当初は、皆さん上級者なので、自分のレベルで参加してもいいものか?と実は不安でいっぱいでした。また、合宿と同時に行われるバッジテストを受験するかは、そのときはまだ決めていませんでした。 どのゲレンデも、なんとか自力で降りてこられるようにはなっていたものの、それまでは我流で滑っている部分も多かったので、合宿の初日は徹底的に基礎を見直す練習を、コーチの方とマンツーマンでやっていただきました。 その結果、ダメ元で3級を受検してみようということになりましが、結果はなんと合格。 TPSクラブの皆様には感謝の言葉しかありません。 2日間スキー漬けという、これまでに無かった経験もでき、とても充実した合宿となりました。

スキーは今後、楽器演奏と並ぶライフワークとして、生涯続けていきたいと考えています。 今後も基礎をより一層しっかりと身につけ、次の2級を目指して3シーズン目以降を頑張っていきたいと思います!

14/15シーズン SAJ3級合格